尿道とは、膀胱から尿が出るところまでをつなぐ管で、ここに細菌が感染し炎症を起こすと尿道炎になります。

この尿道に違和感があったり、ちくちく痛んだりする場合はほとんどが尿道炎で、病原体から大別すると淋菌性尿道炎とクラミジア尿道炎に大別されます。

淋菌もクラミジアも性行為によって感染する性病で、性器が感染部位ですが、咽頭にも感染するため性行為以外でも性器への愛撫やオーラルセックスでも感染するので注意が必要です。

クラミジアは、潜伏期間が1~3週間で病原体はクラミジア・トラコマチスという細菌が病原体で尿道のかゆみや排尿痛が症状ですが、淋病に比べると症状は軽いため感染に気づかないことがほとんどです。

尿道からの膿が出る場合があり、透明で乳白色でサラサラとした水状で、粘り気が無く量が少ないのが特徴です。

淋病(淋菌感染症)は、潜伏期間が1週間前後で病原体は淋菌と言う細菌が尿道に感染し、排尿時に尿道が痛みクラミジアに比べると症状が強いですが、人によっては気づかない場合も有ります。

尿道から膿が出ることが多く、黄色っぽい膿で粘性の高い量が多く出ます。

どちらの病気も初期段階で有れば、抗生物質の服用を1週間から2週間することで完治しますが、発見が遅れると上行感染と言い感染が他の臓器に広がり、重篤化すると不妊症の原因ともなります。

クラミジアも淋病も放置していて自然治癒する事が無いので、必ず検査をして陽性であれば治療をするようにしましょう。

男性がクラミジアと淋病を検査する場合は、尿を採取し病原体が有るかどうかを調べます。

また、淋病感染者の4割はクラミジアにも感染しているので、検査をする場合は両方同時に検査をするようにしましょう。

検査を受けるのが恥ずかしい、家族にばれるのが嫌な人は郵送の検査キットも有るのでこちらを利用すると良いでしょう。