性病の予防法

性感染症に感染すると、若い人なら親に話して病院へ行かなくてはいけないという辛い思いをしなければなりません。

日頃から予防しておけば性感染症にならなくて良かったのに…と感染してから後悔しても遅いのです。

大人だって快楽を優先するあまり性感染症の予防を怠った後は不安になります。ちょっとした身体の変化が気になります。

今回は病状別の予防法をご紹介したいと思います。

性器クラミジア感染症の予防法

コンドームを終始着用、オーラルセックスをしない。

膣トリコモナス症の予防法

コンドームの終始着用

性器カンジダ症の予防法

コンドームの終始着用

性器ヘルペスの予防法

口のヘルペスが発症している場合はオーラルセックスやディープキスを避ける。終始コンドームの着用。

尖圭コンジローマの予防法

コンドームの終始着用と見た目で小さなイボが見える為、怪しいと思ったら性行為を中止する。

淋菌感染症の予防法

コンドームの終始着用と喉からの感染を防ぐ為にもオーラルセックスやディープキスもしない。

梅毒の予防法

コンドームの終始着用

HIV感染症の予防法

コンドームの終始着用となります。

結論

結果、コンドームの着用はどの性感染症の予防には必須アイテムになります。

コンドームは妊娠予防の為の道具と思われがちですが、性感染症の予防にも大変役に立つ事がわかります。

コンドームの正しい着用方法や使用方法の知識を身につけることが性感染症感染の予防法のひとつになります。

その他に目には見えない菌が存在している為、野外での性行為をしない。

いつも手や性器の清潔を保つこと。も予防方法に繋がります。

また、男性の場合は風俗店を利用することもあるかと思います。

風俗店へ行ったときには相手の口や性器を触らないことや粘膜同士の接触を避けること。

これが感染を防ぐ最大の予防法となります。

性行為をしたらパートナーと定期的に性感染症検査をうけること。日々の患部の変化や体調を知ることも予防になります。

お互いに信頼できる特定のパートナーを見つけて性感染症に怯えることのない楽しめるセックスをしたいものです。

出典:国際感染症センター