「なんかおりものが変」とか「オシッコした時に違和感がある…」

こうゆう性器の異変に気付いた時は性感染症を疑って下さい。

性感染症になることが恥ずかしい…と思うのは誰にでもあります。

けれど、性感染症は早期治療が最も大切なので絶対に放置しないで下さい。

検査をしないと将来子供を産めない身体になったり、無精子症になったりします。

性感染症の検査をどこでしようと悩むのは誰でも考えます。

男性なら泌尿器科、女性なら婦人科…わかっていても恥ずかしい気持ちが先立つものです。

現在は性感染症の検査を保健所で無料で行っています。

検査の対象とされているのはHIV、梅毒、クラミジア、淋病の四つの検査を採血と採尿で検査します。

保健所で受けるメリットは無料で受けられることです。

デメリットは地域によって異なりますがこの4つの性感染症の検査を毎日行っていない事。

週に一回、あるいは土日、人数制限もあり、性感染症になってから結果を待ち保健所の人からの説明を面会して受けなければならず、検査をうけたとしても陽性反応があった場合は医療機関に行かなくてはならなくなること。

早期治療には至れないというデメリットがあります。

今はインターネットで性感染症の検査キットという物が販売されています。

手軽に入手でき、自分で採血や採尿をして自分にあった検査し送ってイWEBで検査結果を確認でき、誰にも知られずにこっそりと検査をでき、コストも3000円〜2万円と安いというメリットがあります。

検査機関も専門の機関がしてくれるので、こちら側がきちんと採取できていれば病気の発見も確実に調べる事ができます。

デメリットは間違えて採取してしまったらまた再送してもらう時間がかかる事。

性感染症に感染していたら医療機関へ行って再度同じ検査をし医療費もかかってしまう事がデメリットになります。

できるなら定期的な検査に使うにはとても役に立つキットだと思います。

最後に病院へ行って検査を受けるメリットとしてはやはり早期発見、早期治療が出来ること。

デメリットは先生と対面して性器を見られる事。

値段的にはどんなに安くても1〜2万くらいは確実にかかります。

病気により値段は様々ですが、きちんと通えば確実に治ります。

二度手間を考えたら、まずは性感染症を疑ったら、検査キットを使用するのをオススメします。

宅配ドクターの性病(性感染症)検査キット

宅配ドクター

郵送の性病検査キットを販売している専門店で、女性でも買いやすいシークレット購入が可能です。

キットの解説もわかりやすくされており安心して購入できる専門店です。

詳しくは赤

性病(性感染症)検査キットの信頼性

検査機器

地方自治体認定の検査機関で検査がなされるため、病院で検査を受けるのと同等の精度信頼性の検査結果を得られます。

誰にも知られず検査が出来る

プライバシー

配送にあたってはプライバシーにしっかり配慮されており、外側からは何を購入したかがわからないように無地袋で梱包され配送伝票にも商品名の記入はありません。

更に、自宅に届けて欲しく無い場合は、ヤマト運輸の営業所止めの配送にも対応しておりますので誰にも知られずに購入する事が可能です。

検査を受けるタイミング

性病によっては、潜伏期間が長かったり、検査結果が出ないブラインド期間が長かったりします。

クラミジア、淋病、トリコモナス、カンジダは、感染後1~2日で検査可能ですが、梅毒は1ヶ月、エイズは2か月のブラインド期間があるので、2か月後梅毒とエイズは再検査をすると良いでしょう。

関連記事

クラミジア(感染者が多く男性は尿道、女性は子宮の頸部に感染)

目次1 クラミジアとは2 クラミジアの予防法3 クラミジアの危険性4 妊娠性感染症と妊娠5 クラミジアの症状5.1 女性の症状5.2 男性の症状6 性器以外の症状7 クラミジアの検査8 クラミジアの治療 クラミジアとは ・・・

淋病(感染力が強く男性は尿道、女性は性器や子宮の頸部に感染)

目次1 淋病とは2 淋病の感染経路3 淋病の予防法4 淋病のリスクがある人5 妊娠と淋病6 淋病の症状6.1 男性の症状6.2 女性の症状6.3 性器以外7 淋病の検査8 淋病の治療 淋病とは 淋病は、若い人(15〜24・・・

細菌性膣炎(雑菌が膣の粘膜に感染し炎症を起こす)

目次1 細菌性膣炎とは2 細菌性膣炎の予防3 妊娠性感染症と妊娠4 細菌性膣炎の症状5 細菌性膣炎の検査 細菌性膣炎とは 細菌性膣炎は、特定の細菌が増殖し膣内細菌の正常なバランスを崩した時に発生する感染症です。 細菌性膣・・・

HIV ・エイズ(ウィルスに感染したら体内からの除去はできない)

目次1 HIV ・エイズとは2 HIV ・エイズの起源3 HIV ・エイズの症状3.1 感染初期3.2 潜伏期間3.3 エイズ(後天性免疫不全症候群)4 HIV ・エイズの検査5 エイズの初期症状 HIV ・エイズとは ・・・

性器HPV感染(低リスクならヘルペスで良性腫瘍、高リスクなら悪性腫瘍で子宮頸がん)

目次1 HPVとは2 HPVの感染経路3 HPVが引き起こす病気4 HPVが原因のがん5 HPVの予防6 性生活が活発である場合7 予防接種を受ける必要性8 HPVの検査9 HPVによって引き起こされる健康上の問題 HP・・・

梅毒(感染後、治療しないと症状の悪化とともに進行)

目次1 梅毒とは2 梅毒の感染経路3 梅毒の症状4 梅毒の予防法5 梅毒のリスク6 梅毒の母子感染7 梅毒のステージ7.1 一次段階7.2 第2段階7.3 潜伏期間と後期梅毒8 梅毒の検査9 梅毒の治療 梅毒とは 梅毒が・・・

トリコモナス症(原虫が女性では、下部生殖管(外陰部、膣、または尿道)で、男性では、陰茎(尿道)に感染)

目次1 トリコモナス症とは2 トリコモナス症の可能性が高い人3 トリコモナス症の徴候や症状4 トリコモナス症の合併症5 トリコモナス症が妊娠中の女性と赤ちゃんに与える影響6 トリコモナス症の検査7 トリコモナス症の治療8・・・

性器ヘルペス(性器、直腸や口の周りに1つ以上の水ぶくれのように出ます)

目次1 性器ヘルペスとは2 性器ヘルペスの感染経路3 ヘルペスの予防4 性器ヘルペスが妊婦や赤ちゃんに与える影響5 性器ヘルペスの症状6 ヘルペスの診断7 ヘルペスの治療8 性器ヘルペスとHIVとの関係 性器ヘルペスとは・・・

ウイルス性肝炎(ウィルスが感染し治療をしないと肝炎や肝がんに)

肝炎は、肝臓の炎症を意味し、また肝臓に感染するウィルスを肝炎ウィルスと言います。 最も一般的なタイプはA型肝炎、B型肝炎、およびC型肝炎です。 ウイルス性肝炎は、肝癌および肝硬変の最も多い原因です。 目次1 A型肝炎ウイ・・・