細菌性膣炎とは

細菌性膣炎は、特定の細菌が増殖し膣内細菌の正常なバランスを崩した時に発生する感染症です。

細菌性膣炎は15歳から44歳の女性が感染する一般的な膣感染症です。

細菌性膣炎の広がりはどうでしょうか?

細菌性膣炎は通常、女性の膣内に発見される善玉菌と悪玉菌のバランスと深く関係しています。

新しいセックスパートナーや、複数のセックスパートナーとのセックスで膣内細菌のバランスを崩すと細菌性膣炎のリスクが高くなることが知られています。

細菌性膣炎になるとSTD(性感染症)になるリスクが増大します。

細菌性膣炎は、セックスをしたことがない女性でも発症することがありますが、トイレの便座、寝具、またはスイミングプールから感染することは低いとされます。

細菌性膣炎の予防

細菌性膣炎の原因が良くわからないため、それを防ぐために、最良の方法はありません。

しかし、次の基本的な性病の予防方法は細菌性膣炎の発症リスクを下げるに役立ちます。

セックスをしない。

セックスパートナーの数を制限する。

妊娠性感染症と妊娠

妊娠中の女性でも細菌性膣炎になることがあり、細菌性膣炎の妊婦は早産や未熟児を出産する可能性が高まります。

細菌性膣炎の症状

細菌性膣炎に感染した多くの女性は症状がありません。

症状がない場合は、膣内に白または灰色の膣分泌物、おりものが臭い、痛み、かゆみ、熱が発生することがあります。

一部の女性は、特にセックスの後、強い魚臭を持っています。

排尿するときに痛みを感じ、膣の外側の周りのかゆみ、またはその両方が症状です。

細菌性膣炎の検査

膣液のサンプルを採取して検査をします。

細菌性膣炎の治療

細菌性膣炎は、時々治療せずに症状が無くなる場合があります。

細菌性膣炎の症状を持っている場合、症状が消える場合でも、処方薬のすべてを摂取することが重要です。

細菌性膣炎と診断された女性の男性パートナーは、一般的に治療する必要はありません。

しかし、細菌性膣炎は、女性のセックスパートナーとの間で感染する可能性があります。

細菌性膣炎は含め、いくつかの深刻な健康上のリスクを引き起こす可能性があります。

HIV陽性である場合は、セックスパートナーにHIVを感染させる可能性が高まります。

妊娠中に細菌性膣炎がある場合は、早産になり可能性が増えます。

クラミジアや淋病など他の性感染症を合併する危険が増えるとともに骨盤内炎症性疾患になると不妊の原因ともなります。