クラミジアとは

クラミジアは男性にも女性にも両方に感染する可能性が一般的な性病(性感染症)です。

女性は特に注意が必要で、この病気を悪化させると女性の生殖器系への深刻で永久的な損傷を引き起こす可能性があり、後遺症として妊娠ができなくなる可能性があります。

クラミジアはまた、潜在的に子宮外妊娠を引き起こす可能性があります。

クラミジアの感染者と肛門、膣、またはオーラルセックスををすることでクラミジアに感染します。

セックスパートナーが男性である場合、彼は射精していなくても、クラミジアに感染します。

過去にクラミジアの感染をして治療をしたとしてもクラミジア感染者との無防備なセックスをした場合、再び感染する可能性があります。

あなたが妊娠している場合、出産時に赤ちゃんにクラミジアに感染させてしまうので気をつけましょう。

クラミジアの予防法

次の方法でクラミジアから感染するリスクを低減できます。

セックスをしない。

STD検査結果問題無いとされるパートナーとの長期的な相互一夫一婦制の関係にある。

セックスをするたびにコンドームを正しい方法で着用する。

クラミジアの危険性

無防備なセックスをする人は肛門、膣、またはオーラルセックスを通じてクラミジアに感染する可能性があります。

性的に活発な若い人たちは、クラミジア感染のリスクが高く、一般的な生物学的要因によるものです。

クラミジアは、経口および肛門性交を介して広がるので、ゲイ、バイセクシャル、などの男性と性的関係にある他の男性も危険にさらされます。

25歳以下の性的に活発な女性の場合は、毎年クラミジアのための検査を取得する必要があり、特に妊娠中の女性はクラミジアの検査をする必要があります。

妊娠性感染症と妊娠

どのようにクラミジアが赤ちゃんに影響するかと言うと妊婦がクラミジアに感染している場合は、赤ちゃんへ感染させてしまい新生児に眼感染症や肺炎を引き起こす可能性があります。

あなたが妊娠している場合は、最初の出生前の診察でクラミジアの検査をする必要があります。

検査と治療は、健康上の問題を防ぐための最善の方法なのです。

クラミジアの症状

クラミジアどの人は症状がないとされ、症状がある場合は、感染したパートナーとセックスをした後、数週間までは症状が出ない場合があります。

クラミジアは症状を引き起こさない場合でも、生殖システムを損傷するおそれがあります。

女性の症状

膣分泌物異常

排尿灼熱感

男性の症状

彼らの陰茎からの排出

排尿灼熱感

一方または両方の睾丸に痛みと腫れ。

性器以外の症状

男性と女性は、肛門性交することによって、他の感染部位からの拡散のいずれかによって、直腸にクラミジアに感染する場合があります。

これらの感染症は、多くの場合、症状を引き起こさないが、直腸痛、出血などがあります。

クラミジアの検査

このような異常な痛み、おりものの臭い、排尿時灼熱、または出血などSTD(性病)症​​状がある場合検査をする必要があります。

クラミジア検査は、男性の場合尿サンプルを採取して検査し、女性の場合は膣からサンプルを取得するために綿棒を使用し採取します。

病院で検査を受けるのが恥ずかしい、または行く時間が無い場合は性病検査キットで検査をすることもできます。

クラミジアの治療

クラミジアは適切な治療で治癒することができます。

医師の処方した薬のすべてを取ることが重要で、適切に摂取する場合には、処方を守り薬は誰とでも共有しないでください。

クラミジアは繰り返し感染することが一般的でセックスパートナーと治癒した場合であっても、約3カ月後に再度検査する必要があります。

あなたとセックスパートナーが治療を完了するまで、再びセックスをしてはいけません。

クラミジアが原因の初期損傷は、しばしば見過ごされますが、クラミジアは深刻な健康問題につながります。

あなたが女性であれば、未治癒のクラミジアはあなたの子宮や卵管(卵巣から子宮に受精卵を運ぶ管)に広がる可能性があり、骨盤内炎症性疾患(PID)になることもあります。

骨盤内炎症性疾患、多くの場合は症状がありませんが、一部の女性は腹部および骨盤痛を感じます。

骨盤内炎症性疾患は、あなたの生殖システムに永久的な損傷を引き起こし、長期的な骨盤の痛み、につながる可能性や、不妊症や子宮外妊娠を起こします。

男性は感染により、時々、痛みや発熱を引き起こし、睾丸から精子を運ぶ管に広がります。