淋病とは

淋病は、若い人(15〜24)歳の間で、一般的な感染症で男女の両方に感染する可能性がある性感染症で、性器、直腸、喉の感染症を引き起こす可能性があります。

淋病の感染経路

淋病感染者と肛門、膣、オーラルセックスをすることによって感染し、妊婦淋病では出産時に赤ちゃんへの感染が問題となります。

淋病の予防法

次の方法で淋病をから身を守ることができます。

セックスをしない。

STD検査の結果、問題無いとされるパートナーとの長期的な相互一夫一婦制の関係にある。

セックスをする時はコンドームを正しい方法を使用しする。

淋病のリスクがある人

性的に活発な年代で、コンドームをしないなど無防備な性行為をして肛門、膣、口を通じて淋病に感染する可能性があります。

あなたが性行為を頻繁にしている場合は、淋病や他の性感染症のために検査をする必要があるでしょう。

又は、同性愛者である男性、バイセクシャル、人や男性とセックスと性的関係を持っている場合は、毎年、淋病のために性病の検査をする必要があります。

妊娠と淋病

淋病は赤ちゃんに与える影響は、出産時に赤ちゃんへの感染させる可能性があります。

これは赤ちゃんに深刻な健康問題を引き起こす可能性があり、あなたが妊娠している場合、必要に応じて適切な検査、および治療 ​​を受けるようにしましょう。

早い時点での検査と淋病の治療は赤ちゃんの合併症が少ない可能性が高まります。

淋病の症状

淋病に感染したけど全く症状がない場合がありますが男性の場合は症状が出ることが多いとされます。

男性の症状

排尿痛と尿道の灼熱感

ペニスからの白、黄色い膿

睾丸に痛みを伴う腫れ

女性の症状

ほとんどの女性は何の症状も無い事が多く、女性は症状があっても、それらは多くの場合、軽度であり、膀胱または膣感染症と誤解することがあります。

淋病の女性は、何の症状が無い場合でも、感染から重篤な合併症を発症するリスクがあります。

排尿痛や排尿時灼熱感

膣分泌物の増加

不正出血

性器以外

直腸の感染は症状が無い事が多いのですが、男性と女性で症状が出る場合は、肛門のかゆみ、痛み、出血、痛みを伴う排便などがあります。

淋病の検査

以上の症状のいずれかに気付いた場合、淋病の検査をする必要があります。

パートナーに、このような異常な痛み、臭い、排尿時灼熱、または出血などのSTDの症​​状を持っている場合も検査が必要です。

男性の淋病検査では、尿を検体として採取し検査をします。

女性は、膣分泌液を採取して検査します。

淋病の治療

淋病は適切な治療で治癒することができます。

医師が感染症を治すために処方した薬のすべてを取ることが重要ですが、薬は誰とでも共有しないでください。

薬は感染を防ぎますが、病気によって引き起こされた損傷を元に戻すことはできません。

淋病の治療が現在は困難になりつつありますが、それは淋病の薬剤耐性菌が増加しているからです。

症状が治療を受けた後に数日以上続く場合は、再度検査する必要があります。

治療中は、すべての薬を終えた後性行為は7日間待つ必要があります。

パートナー(複数可)への感染を避けるためには、完治するまでセックスを避ける必要があります。

過去に病歴があり淋病感染者との無防備なセックスをした場合、再び感染する可能性があります。

未治癒の淋病は女性と男性の両方に重大かつ永続的な健康問題を引き起こす可能性があります。

女性では、未治療の淋病が骨盤内炎症性疾患(PID)を引き起こします。

骨盤内炎症性疾患の合併症は、子宮外妊娠、不妊症、長期の骨盤や腹部の痛みがあります。

未治癒の淋病は、HIV感染の機会を増加させる可能性もあります。