性器ヘルペスとは

性器ヘルペスはウイルスの2種類によって引き起こされ、単純ヘルペスウイルス1型および単純ヘルペス2型と呼ばれています。

性器ヘルペスは、一般的な感染症で、感染例は多いとされています。

性器ヘルペスの感染経路

経口、膣、または肛門性交により感染します。

ヘルペスで症状がある場合は、ウイルスを感染させ、体液との接触により感染を引き起こす可能性があります。

また、目に見える症状が無い場合でもウイルスが皮膚を通って感染させ、セックスパートナー(複数可)に感染を広げます。

感染しているか分からない人がセックスパートナーだとヘルペスに感染するリスクが上がります。

ヘルペスの予防

次の方法でヘルペスから身を守ることができます。

セックスをしない。

STD検査の結果が陰性のパートナーとの長期的な関係にある。

セックスの時はコンドームを正しい方法で使用する。

ヘルペスは、コンドームでカバーされている生殖器での感染を避けることができますが、完全ではありません。

性器ヘルペスが妊婦や赤ちゃんに与える影響

妊娠している場合は、出生前に診察に行くことが重要です。

性器ヘルペスと診断されている場合は医師に伝える必要があります。

性器ヘルペス感染症は流産につながることがあり、早産や未熟児の可能性も高めます。

ヘルペス感染は、胎児に、潜在的に致命的な感染症(新生児ヘルペス)を引き起こすことがあります。

性器ヘルペスの症状

ほとんどの人々は非常に軽度の症状で、症状に気付かないか、そのような吹き出物や別の皮膚病と間違えられる場合があります。

ヘルペスを持っているほとんどの人は自覚しないことが多いようです。

性器ヘルペスは通常、性器、直腸や口の周りに1つ以上の水ぶくれのように出ます。

水疱が破損し、治癒に数週間かかる場合があり、痛みを伴う傷を残場合も有ります。

稀に、発熱、体の痛み、または腫れ腺などのインフルエンザ様の症状を持っていることがあります。

性器ヘルペスの繰り返し感染は、特に感染後の最初の年の間が多い事が共通しています。

症状のいずれかに気付いた場合は、病院で検査を受けましょう。

異常な痛み、おりものの臭い、排尿時灼熱、または、特に女性は、不正出血などのSTDの症​​状を持っている場合が多いとされます。

ヘルペスの診断

医者は症状を見て、性器ヘルペスを診断することができます。

サンプルを取り、それを検査することができます。

ヘルペスの治療

ヘルペスの治療法はありません。

しかし、大規模感染を防止または感染期間を短縮することができる薬があります。

これらのヘルペスの薬は医師の処方に従い服用する必要があります。

性器ヘルペスは痛みを伴う性器のただれを引き起こす可能性があり、免疫系が抑制されている人々に深刻なことが起こる可能性があります。

傷からあなたの傷や液体に触れた場合は、体の別の部分にヘルペスを感染させる場合があります。

体の別の部分にヘルペスが拡散することを回避するために、ただれや液体に触れないでください。

傷や液体に触れた場合は、すぐに感染を広げる避けるために徹底的に手を洗うようにしましょう。

性器ヘルペスとHIVとの関係

性器ヘルペスは、口、膣、および直腸の皮膚に傷や破損を引き起こす可能性があります。

ヘルペスによって引き起こされる性器ただれ、簡単に出血します。

傷がセックスの最中に口、膣、または直腸と接触するとき、パートナーがHIVを持っている場合、HIVを感染させるリスクを高めます。