HPVとは

HPVは、HIVとHSV(ヘルペス)とは異なるウィルスであることを覚えておきましょう。

HPVは、性生活が活発な男性と女性が感染する機会の多いウィルスの一つです。

HPVの多くの種類があり、種類によっては、性器いぼや癌を含む健康問題を引き起こす可能性があります。

HPVの感染経路

ウイルス感染者と、経口、膣、または肛門性交による接触があるとHPVに感染する可能性があります。

最も多い感染経路は、膣または肛門性交中に感染する経路です。

HPVは感染した人は、兆候や症状が無くても他人に感染させる可能性があります。

性行為が活発なひとは、一人だけとセックスをしているとしても、HPVに感染する可能性があります。

HPVが引き起こす病気

ほとんどの場合において、HPVが消えると健康上の問題を引き起こしません。

HPVが消えないときには、生殖器のイボやがんなどの健康上の問題を引き起こす可能性があります。

生殖器のイボは通常、性器に小規模または大規模な、上昇またはカリフラワーのような形をするイボができます。

医師は通常、性器を見て、イボを診断することができます。

HPVが原因のがん

HPVは子宮頸癌や 、外陰部、膣、陰茎、または肛門の癌の原因となる可能性があります。

がんは、多くの場合、人は、HPVに感染した後に発症するまで何年でも数十年かかります。

生殖器のイボを引き起こすHPVのタイプは癌を引き起こすHPVの型と同じではありません。

弱い免疫系を持つ人々は、HPVを撃退する能力が低下し、健康問題に発展する可能性があります。

HPVの予防

HPV感染のリスクを下げるためには予防接種を受ける方法があります。

HPVワクチンは、安全かつ効果的で推奨年齢で摂取すると、HPVによって引き起こされる(癌を含む)疾患に対する免疫力を高めます。

性生活が活発である場合

セックスをする時はコンドームを正しい方法で使用してください。

HPVに感染するリスクを低減しますが、HPVはコンドームでカバーされていない領域に感染することがあります。

相互に一夫一婦制の関係にあるか、不特定多数の相手との性行為を避ける。

予防接種を受ける必要性

すべての男女は11歳から12歳までには予防接種を受けた方が良いかもしれません。

ワクチンはまた、26歳より上のゲイやバイセクシャルの男性にお勧めします。

HPVの検査

子宮頸癌をスクリーニングするために使用することができるHPV検査があります。

HPV検査は、30歳以上の女性では一度は検査をされることをお勧めします。

HPVは感染しているかどうかは、症状からは分からないので検査をするしかありません。

病院で検査をすることに抵抗がある人は、性感染症検査キットによって検査をすることも可能です。

HPVによって引き起こされる健康上の問題

HPV(ウイルス)は、約79万人のアメリカ人がHPVに感染しているとされ、毎年約14万人が新たに感染しています。

HPVは、性行為が盛んな男性と女性が自分たちの生活の中で、少なくとも1種類に感染するとされます。

HPVに関連する健康上の問題は、生殖器のイボや子宮頸がんが含まれます。