肝炎は、肝臓の炎症を意味し、また肝臓に感染するウィルスを肝炎ウィルスと言います。

最も一般的なタイプはA型肝炎、B型肝炎、およびC型肝炎です。

ウイルス性肝炎は、肝癌および肝硬変の最も多い原因です。

A型肝炎ウイルス(HAV)

A型肝炎ウイルス(HAV)感染によって引き起こされる肝炎Aは、約28日間の潜伏期間(15〜50日の範囲)があります。

HAVは肝臓で複製し、臨床的な病気の発症後1週間2週間前から糞便中に高濃度で検出されます。

HAV感染は、慢性感染症や慢性肝疾患を生じない自己限定性疾患ですが、患者の10%〜15%は急性疾患後の6か月の間に症状の再発する可能性があります。

A型肝炎に感染するとHAVに応答して産生される抗体は持続し免疫として再感染を防ぎます。

HAV感染は主に汚染された食物や水、人から人への接触によって、口の経路によって感染します。

ウイルス血症は、感染の初期に発生し、症状の発症後数週間持続しますが、HAVの血液媒介感染は一般的ではありません。

A型肝炎の症例の半数近くは、特定の危険因子を持っていません。

リスク因子を有するは、他の男性とセックスをする男性、違法薬物を使用して人々、国際的な旅行者です。

性行為中のHAVの送信は糞口の接触が発生するため、通常、他の性感染症の伝達(例えば、コンドームの使用)を防止するために使用される措置は、HAVの感染を防ぐことはできません。

B型肝炎ウイルス(HBV)

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)感染によって引き起こされます。

症状の発症までの潜伏期間は6ヶ月〜6週間で、精液、膣分泌物、創傷、血液および他の体液中の低い濃度で最も高濃度で見出され、HBV感染は慢性化するのが特徴です。

成人では、HBV感染の約半分は対症療法であり、報告された症例の約1%が急性肝不全や死亡につながります。

慢性感染のリスクは、感染時の年齢に関連し感染した乳幼児の約90%、熟成に感染した子供の30%は、慢性的に感染します。

慢性HBV感染を有する者のうち、肝硬変や肝細胞癌の早期死亡のリスクは15%〜25%であるとされます。

HBVは、血液に含まれる感染性血液または体液へ、粘膜接触によって感染します。

感染に関連しているリスク要因は、複数のパートナーとの無防備なセックス、他の男性とセックスをする男性、他の性感染症の病歴、感染したパートナーとの性行為などです。

C型肝炎ウイルス(HCV)

C型肝炎ウイルス(HCV)感染は、一般的な慢性の血液媒介感染症であり、約320万人が慢性的に感染しているとされます。

HCVが感染していないが、注射薬の使用による感染症のリスクがある人は、STD検査を受けると良いかと存じます。

新たにHCVに感染した人の60〜70%は、一般的に、通常は無症候性であるか、軽度の症状があります。

HCVは、感染後1〜3週間以内に血液において検出することができます。

HCVに対する抗体産生期間は、平均時間は8〜9週である、および抗HCVは、感染後の6ヶ月で検出することができます。

慢性HCV感染は、HCV-感染者の70%〜85%に発症し、60%が慢性的に感染し肝疾患へ移行します。

これらは臨床的に病気ではないため感染者の大半は彼らの感染を認識していない可能性があります。

しかし、感染者は他の人への感染源として機能し、感染後の慢性肝疾患または他のHCV関連の慢性疾患数十年の危険にさらされています。

HCVに感染した血液への接触、や性的接触により感染します。

HCV感染は複数のセックスパートナーへの接触によっても感染するリスクがあります。

急性HCV感染と報告された人の15%-20%は、性的接触によるとされます。

HIVのような他の血液媒介ウイルスは、異性愛男性と女性よりも男性同性愛者の間でより感染を広めます。

D型肝炎

D型肝炎ウイルス(HDV)の感染によって引き起こされる重篤な肝臓疾患です。

急性または慢性することがでるD型肝炎は、一般的ではありません。

HDVは、複製するHBVの助けを必要とし、B型肝炎ウイルス(HBV)に感染している人々の間で発生する不完全なウイルスです。

HDV感染血液との粘膜の接触を介して感染し、HBVとの同時感染またはHBV感染者における重複感染で感染します。

E型肝炎

E型肝炎は、急性感染をもたらすE型肝炎ウイルス(HEV)によって引き起こされる重篤な肝臓疾患です。

慢性感染につながるものではありませんが、E型肝炎は、世界の多くの地域で発症しています。

微細な量の糞便からの感染で広まるため、衛生状態の悪い国では汚染された水が原因とされます。