眼精疲労

眼精疲労とは、簡単に言えば疲れ目のことで、目をあけているのはつらいが閉じると楽になったり、目がカサカサして痛いとかの症状が出て、目をおさえると楽になったり、濡れタオルを目に当てると楽になったりします。

目が疲れる原因は様々ありますが、パソコンのディスプレイや本など近くの物を長時間見ている事で、目のピントをあわせる働きをする毛様筋が疲労する事で疲れが目に症状として出るのです。

老眼や乱視の方は特にピントが合いにくいので、毛様筋に負担がかかるので疲れ目になりやすいとされます。

眼球の圧力が高まる緑内障や目の中に炎症を起すなども初めは疲れ目から始まる場合が多いです。

疲れ目の予防には、部屋を明るくしたり、物を見る時は一定の距離をおくなどすることが大切です。

また、ディスプレイに光が反射しないようにすることも大切で、乱視や遠視の人は眼鏡をかけるようにしましょう。

目に手を当てたり、蒸しタオルを当てるとリラックスできます。

ドライアイ

ドライアイは、涙の分泌が目の乾燥に追い付かず、目の表面が乾いてしまう事で起こります。

ディスプレイを長時間見たり、車の運転を長時間するなど目に長時間負担させる仕事をしている場合などに起きやすいようです。

ドライアイと言っても目が乾くと言う自覚症状はあまりなく、目が疲れやすいとか目がゴロゴロするとか、充血する、開けにくいといった症状を訴える人がほとんどです。

仕事中は画面などをつい集中して瞬きせずに凝視してしまうことがありますが、まばたきは目を潤す大事な生理反応です。

目が疲れてくると目を閉じたいとかまばたきの回数が増えてきますが、これらは乾いた目を潤したいと言う身体の正直な反応なのです。

特に事務所などの屋内空間では、エアコンを使用するので目が乾きやすく、夜は涙の分泌量が減るので乾きやすくなります。

ドライアイを防ぐには、人間は上を向くほど目を見開いてしまうので、画面を目より下の位置に置くことが大切です。

長時間画面を凝視する事は避けて、時々目を閉じるようにしましょう。

部屋を乾燥しないように加湿器を使うなどし、目を乾かさないようにしましょう。